• 假屋崎省吾の世界展と手筒花火を堪能

    category:つれづれ

回り込み解除

家康公四百年祭もあり、春のイベントのひとつ『静岡まつり』が3日からスタートしました。

徳川家康公が家臣をつれて花見をしたという故事に倣って大御所花見行列や夜桜乱舞など
イベントがもりだくさんだが、あまり出かけたことはない。

きょうは、散歩ついでに紅葉山庭園内静月庵の假屋崎省吾さんの世界展を観賞。
風が強くて窓外の桜は花びらが舞い、その景色と重ねて眺めたのも一興。

2mくらいの桜の大枝が一花器に数本、レンギョウやボケで曲線を描き
足元はユリ グロリオサやチューリップ、マムなどの花でしめて4器+床の間3器

天井にも届きそうなゴージャスな活け方でした。
黒の折敷が花見で愛でる人々にもみえ、或いはテーブルにもみえたりと
想像を掻き立てる大胆で美しい花世界でした。
残念ながら撮影禁止。
暫く座ったままで 癒されたひととき味わいました。


夜は食後の散歩に手筒花火を初めて間近で楽しみました。
IMG_1403.jpg
勇ましい花火師たちの構えた勇姿も火の粉と煙で消えますが、
どんどん火柱は天に向かって高く拡がって飛び出します。


IMG_1402.jpg
中盤過ぎにますます明るくなった直後
ドーーンと轟音に、毎回体が飛び上がり力をもらった気になります。


IMG_1404.jpg
風向きで火の粉が顔や頭に落ちてきますが、煙にまかれながらも、
合図の太鼓と掛け声に、いつしか聴衆も応え、合いの手や拍手で雰囲気を盛り上げていました。
どんどん熱気あふれていきます。


IMG_1405_20150405015029151.jpg
20筒以上あったような・・・・・・美しさと迫力を楽しみ、大満足




ライン

こぶた様
いつもご訪問ありがとうございます。
温かいメッセージに励まされます。
また秋の楽しい情報をお待ちしています。がんばってくださいね。
 
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K

Author:K
食空間・ラッピングコーディネーターです。
静岡市でラッピング教室、オムツケーキの教室や販売も行っております。
詳しくはProfileにて
メールフォームはこちら
- - - - - - -
拍手やコメント、ありがとうございます♡

カテゴリ

リンク

QRコード