• 私もリセット ステキな朝 サワコの朝より

    category:食育・卓育

回り込み解除


今朝、車を運転中に流れた“サワコの朝”で土井善晴氏が語っていた。
外国で洋食の修業をしてきた彼が『和食は民芸』と思い至ったとき、
父である土井勝さんの要望で和食の道に進んだそうです。
食への姿勢に私もまったく同感と、土井さんのファンになりました。


少し言葉のイントネーションが表現しきれないですが、
印象に残った言葉を下記に記してみます。

「食生活をつつましく、和食を基本に戻したい、今は初期化すべきです」
「世界にほこれる〝おふくろの味″に」

働くお母さんが増えて、お惣菜を買ってきたら?
「手抜きしてるから心苦しいんで、嫌やと感じたら、簡単なものをちゃんとつくればいい!

日本の食卓に和、中華、洋食が同時に のってもいいですか?
「いいです。日本の主婦は世界にも通用するシェフが多いですよ。
レストランのメニューが家庭に入りすぎて、だから主婦が作るのが大変になっているんです。
昔から一汁一菜で健康は保たれていたので、簡単なものをちゃんと作ることですよ。
基本に戻したいです。」



昨日は『栄養改善普及会』の料理教室に参加してきたばかり。
家庭料理に、簡単なものに愛情込めて作る精神は
ここでも、しっかりと受け継いでいます。
毎度のことですが、どなたかが自作の佃煮、漬物も差し入れです。

誌友会
それから土井氏はこんなエピソードもお話してました。

「子どもの頃に祖父の家で『刺身は朝8時までに食べきれ』と言われました。
今は、7時間経つとアミノ酸で刺身が一番美味しく頂けるころあいと言われているが、どないなものか?
美味しさは、人それぞれ違うというけれども
命あるものを新鮮に、旬に頂くものが、ほんとうに美味しいに決まっている
その美味しさを知らずに、より7時間経ったものが美味しいというのは、どないなものか・・・」と語っていた。

私も子供の頃は最寄りの港から毎朝捕れたての魚行商から買ったばかりの魚を
(烏賊)を捌いて、祖父が登校前に食べきっていきなさいと
作りたて刺身を食べていたことを思いだしました。

私も提唱している『卓育』と一部同じ同じ原点が盛り込まれた土井善晴氏のお話でした。
心地よい朝でした。

ライン


後記
こぶたさん、いつもコメントありがとうございます。
お子様方への愛情のこもった『おふくろの味』は、
毎日の食事すべてになっているのでしょうね。凄いです!
私もそんな風に言ってもらいたい。

これまでの子育て、その努力は素晴らしいものなんですね。
お子様達が夫々の道をしっかりと歩んでいけるのも
ご家族の姿、関わりかたの結果につながっていると思います。
親は死ぬまで親、つねに自分らしくステキな人生を
これからも応援しています。
ご投稿、ありがとうございました。



  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K

Author:K
食空間・ラッピングコーディネーターです。
静岡市でラッピング教室、オムツケーキの教室や販売も行っております。
詳しくはProfileにて
メールフォームはこちら
- - - - - - -
拍手やコメント、ありがとうございます♡

カテゴリ

リンク

QRコード