• テーブルコーディネート

回り込み解除

回り込み解除

本日から開幕
やきものワールド2016』 11月23日まで開催中。

今回は伝統ある備前焼、その産地展示ブースを担当しました。

   ~秋の宴~
        備前焼器が風趣をいかす


伝統の備前焼イメージと 程よく溶けて混ざり合う食空間を目指し、
自然物を多く使いコーディネート致しました。

IMG_4819.jpg

釉薬をかけず高温で焼成する焼締め陶器の丈夫さを表現するため、
敢えて粗削りで太めの雄々しい竹を選びテーブルに組み立てました。
元は青竹ですが、ところどころ褐色の焼き目をつけることで
備前焼のわび、さびとうまく共鳴できたのではないかと思います。


IMG_4793.jpg
                        出井 隆作

これからのシーズン、
瀬戸内海鮮料理や山の幸をふんだんに大皿盛りします。
なかでも蝦蛄の美味しいシーズンを迎え、
友人たちが集い鋏を持ちながら、腰を据えて語り合う食卓です。

IMG_4833.jpg
  □大皿は 松岡誠悟作    
  松茸の土瓶蒸し用器は 五郎辺衛窯の醤油さし、ナプキンリング、
            干支の器つまみ:MARIME作
器の使い方も既成概念をはらい用いています。
備前の器は、水も腐りにくく花は長持ちします。
数日前に窯出しした器も見られますよ。

備前焼販売展示コーナーはC-01~C-11です。

C-01 備前焼 松岡誠悟
C-02 備前焼ギャラリー若宮(太田)  
C-03 西蔵坊窯 猪俣政昭
C-04 丸山窯 吉延美山
C-05 窯元 五郎辺衛窯
C-06  窯相会
C-07 出井潔晴・隆 花入、
C-08 心窯 本山英作
C-10 安田龍彦     
C-11 須恵窯 入江恒旨

是非、遊びに行って,お気に入りを発見してくださいね。




 ライン

設営までには、多くの友人、知人にご協力をいただき
感謝しております。
心よりお礼申し上げます。

この展示を機にお一人でも多く 備前焼のブースに足が向き
どれか器たちをお傍において 身近な必需品として
大事に思っていただけたら嬉しいです。

会場にてお待ちしております。
22日はワークショップ(ポインセチアを折ってマットを仕上げます)も
開催します。詳細はこちらを→やきものワールド2016



回り込み解除

ドームやきものワールド2016』が11月17日~始まります。
TCS名古屋支部の一員として、備前焼ブースの食空間コーディネートを担当します。


20日、備前に行ってきました。
IMG_4070.jpg
昔は無人駅だったそうです。名残は十分にありました。
電車は単線、ドアの開放はボタンを押します。
そんなのどかな街に、レンガの煙突がポコポコ見えて
駅の壁や塀の上に備前焼が・・・・流石ですね。


五郎兵衛窯の武用務様』のご案内で、出井隆様、松岡誠悟様の窯にも訪れることができて
不安より勝る感動と喜びで胸がいっぱいになり目も潤んだくらいです。


偶然備前焼ミュージアムでは金重灯用陶陽生誕120年記念展示開催中でした。
備前焼伝統産業会館と双方で、随分と知識を入れていただき、ミーティング。
優しく物腰柔らかなのに、若いエネルギーがお顔の後ろに炎のように見えるみたいな感じ。
緊張も不安も直ぐに払拭してくれて…・・・ヨヨヨヨヨ♪───O(≧∇≦)O────♪



出井隆様やお父様の受賞作品を間近にを超え触って鑑賞。
お母様からもおもてなしをいただき、お話に感涙しました。
ありがとうございました。


引き続き松岡誠悟さん.の窯へ
なんとまあ 手作り窯が屋内外にありました。
IMG_4028.jpg


すべてをご自分で賄い作っているのですね
IMG_4032.jpg
これらを見たら 器の値段は安いと思うはずです(゚д゚)
アカマツの薪がなんと写真の4倍以上の量を一回の窯で使い切るそうです。
粘土つくりや乾燥は、他の焼き物より沢山の時間を必要とし、
「酸化焔焼成」によって 堅くて丈夫な器 赤みの強い味わいのある「窯変」に
生み出され、一つずつ違う焼き物になるのです!
うーん、聴いたお話の半分も伝えられないのが残念。


最後は五郎兵衛窯へ。
IMG_4046.jpg

醤油製造から五郎兵衛窯ね。
IMG_4039.jpg



みごとな梁や樽たち。
IMG_4054.jpg



来年の干支や注文の作品作りでお忙しそうでした。
IMG_4064.jpg
そのような時期にもかかわらず、たくさんのご親切と
長いお時間をかけてご案内いただき感謝しています。


皆様のお役に立てるよう、精いっぱい頑張ります。
よろしくお願い申し上げます。


みなさまも会場に足を運んでいただけると嬉しいです。
お待ちしております

回り込み解除

卓育のための会場付近では、TSC会員の方と造園に携わる方々とのコラボで
森のピクニックでの食卓提案をしていました。
いくつかの作品をご紹介します。


森のピクニック
雑木や芝生に囲まれたテーブル


IMG_9677.jpg
強風でも白いリネンが風で波打つように揺れ、
自然の大木テーブルとteepeeの連立は、まるで教会が背景にあるような優美さをも感じさせます。



matsu-Tabl.jpg
こちらは キッズ向けにかわいい食の提案が満載



IMG_9667_20160504122333143.jpg

IMG_9666_20160504122331ac1.jpg
ガールズ好みのアイテムがいっぱい♪───O(≧∇≦)O────♪か・わ・い・い食空間


もっと他にもありましたが、見に行く時間がなくて・・・・・残念ですが数点まで。



回り込み解除

卓育会場入り口に展示中の
デザイナー・イラストレーター 野々山ちさとさん作品を勝手にご紹介しまーす。


IMG_9651_2016050411423138b.jpg
あっ!Stop作品に触っちゃダメ、駄目
でも思わず触れてみたくなる 雨つぶの色の影という作品たち
アルミワイヤーと樹脂液で作られたステンドグラスに似ているけど
軽くてかわいいです。


野々山ちさとさん作品

IMG_9652.jpg


アウトドア開催ですから 開催中の晴れ間を祈ります。

回り込み解除

IMG_9646.jpg

昨日5月3日は名古屋市の『のりたけの森』で開催中の卓育イベントのスタッフで出かけてきました。



ノリタケの森では
~森のピクニックガーデン2016~花と緑にあふれた日常を~
5月5日まで開催中です。
IMG_9644.jpg


IMG_9671.jpg


IMG_9670_20160504113830ad3.jpg


園内では、いたるところに展示やワークショップあり、普段以上に
お楽しみ満載でした。
こどもたちの写生大会もあり、すばらしい絵画も早速展示されています。
いろんな視点で描かれている画に、ほんとうに胸うつ感動がいっぱいでしたよ。


プロの作家さんの展示も園内の雑木や水辺、煉瓦壁を使って展示してあり
身近で見られるアートがあふれていました。
丁度、私の参加した食空間コーディネート協会中部支部主催の『卓育』会場前では
名古屋出身 野々山ちさとさんの
〝雨つぶの色の影″
卓育会場にも2作品をお借りして会場コーディネートのひとつにさせていただきました。

プロフィール

K

Author:K
食空間・ラッピングコーディネーターです。
静岡市でラッピング教室、オムツケーキの教室や販売も行っております。
詳しくはProfileにて
メールフォームはこちら
- - - - - - -
拍手やコメント、ありがとうございます♡

カテゴリ

リンク

QRコード